早漏治療にもなる包茎治療治療の流れ

様々な理由で起こる早漏と包茎の関係

日本では、早漏治療のために専門クリニックを訪れる男性が増えています。
早漏はPEとも呼ばれ、パートナーが性的に満足していない状態で男性が射精してしまう状態を指します。
男性の約3割はPEで、若い世代の男性でもPEに悩む人はいます。
PEは様々な原因で起こりますが、心因性早漏は精神的な不安から発症します。
以前の性行為で早く射精してしまった経験があり、不安が残っていると交感神経が活発になります。
交感神経が活発になると興奮しやすくなり、早漏に繋がります。
人間関係や仕事上のストレスも原因になるので、気になる人はストレスを溜めないように気を付けます。
年齢を重ねると男性ホルモンの分泌が減り、射精をコントロールするための筋力が弱くなってしまいます。
筋力が低下すると射精しやすくなりますが、体の衰弱によるPEは衰弱性早漏とも呼ばれます。
包茎の悩みを持っている人は、包茎でない人に比べてリスクが高いです。
亀頭が包皮で覆われているため刺激に弱く、少しの刺激でも早漏の原因になります。

早漏治療と包茎治療で悩みを解消

包茎が早漏の原因になっている場合は、包茎治療が早漏改善の第一歩になります。
日本人に多いのが仮性包茎で、痛みが伴わず容易に皮が剥けます。
汚れが溜まりやすく悪臭や性病の要因にもなるので、最近は仮性包茎でも治療を受ける人が増えています。
平常時も勃起時も、包皮に亀頭が覆われている状態だと真性包茎になります。
亀頭と包皮が癒着して剥けないタイプで、性機能や見た目の問題に加えて病気のリスクも高くなります。
早漏治療には様々な方法があり、患者の希望や体の状態に合わせて適切な早漏治療を進めます。
早漏治療のために包茎治療も行う場合は、まず専門クリニックでカウンセリングを受けます。
陰茎や包茎の状態を確認して治療内容を詳しく説明し、患者が納得すれば包茎治療を行います。
専門クリニックでは担当医が精密技術を駆使して手術を行い、自然に美しく仕上げてくれます。
手術の所要時間は1時間程度で、手術が終われば入院の必要はなく自宅に帰れます。

まとめ

早漏の原因が包茎だけなら、包茎治療を行えば早漏の問題も解決します。
患者の中には精神的な問題が早漏の原因になっている人もいるため、包茎治療だけでなく他の治療との併用も視野に入れます。
専門クリニックの中には総合的に治療を行っているクリニックもあり、カウンセリングを受ければ必要な治療に関して丁寧に教えてくれます。
クリニック側の説明を聞き、自分の症状や希望に合わせて担当医と相談しながら治療方法を選択します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です